歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、
歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

30代で80%が罹患しているというデータもあり、多くの方がすでにかかっています。
歯周病はほとんど自覚症状がないため、悪化するまで気付かない怖い病気です。

若い方でも早い段階から、歯周病を意識しメンテナンスを行うことが必要です。
まずは定期的な健診をはじめましょう。